寒さ対策は足元から!軽くて暖かいヌプシブーティー

  • other
  • 2017.12.12

札幌もいよいよ根雪か…という天候と気温が続いてきました。中心部は地下を歩けますし外も路面が見えている場所が多いので、極端な話スニーカーでも年中いけるんですが、やはり少し離れていくとラッセルしなきゃいけない場面も多いです。

通勤でも革靴でないと、という方も多くいらっしゃると思いますが、近年は通勤時はスノーブーツを履いて出かけて会社に着いたら履き替えるという方も多いようですね。お仕事中は仕方ないにしても、雪の中で革靴を履いているとどうしても濡れてしまいますから小まめなケアが必要になりますし、アウトソールもツルツル滑りやすいでしょう。

女性もパンプスなんて絶対無理でしょうし、おしゃれなブーツは足が冷たかったり雪道では歩きづらい場面が多いのではないでしょうか。

そんなみなさんに、もはや定番と言えば定番ですがTHE NORTH FACEのヌプシブーティーシリーズを今一度プッシュしたいと思います!

定番と言われるほどみんなが履くには、やはりそれ相応の理由があります!



大きく分けて2シリーズ!軽くて動きやすくて暖かい!

ヌプシブーティーは大きく分けると2シリーズ、ウォータープルーフとウールがあります。お好みに合わせて選べるのが嬉しいところなんですが、共通の特徴をまずは紹介していきます!

まずはデザイン。

シンプルな形とカラーリングなので、いろいろなスタイルのファッションにも合わせやすいですし、飽きがこないので長く愛用できます。

カジュアルな装いにはさらに合わせやすいですし、メンズ・レディス問わず使えますしラインナップも共通です。

ご夫婦で、恋人同士でお揃いで履いている皆さんもよく見かけますよ。

次は軽さと動きやすさ。

見ての通りのシンプルな構造で色々な素材がたくさんつけられている訳ではないので、自然と軽くなっています。

得てして冬用のシューズはどうしても重たくなってしまう中で、この軽さはもはや驚異的です。

アッパー素材はシューズというよりはウェアで使う素材といったもので、柔らかくどのようにも曲がってくれるようになっているので、立ったりしゃがんだりもしやすくなっています。

そういう点でいうと、小さなお子様がいらっしゃるお父さん・お母さんにピッタリ。一緒に歩いて回る時も公園での雪遊びの時も大活躍間違いなしです。



雪の降り始め・雪解け時期も安心なウォータープルーフ

その名の通り、水濡れ対策重視のタイプです。撥水加工を施したナイロンアッパー素材とTEKWPROOF™防水メンブレンを組み合わせて中まで水が沁みづらいアッパーになっています。雪の降り始めの時期や雪解けの時期の、溶けてびちゃびちゃな路面の中でも安心して履くことができます。ただし、完全防水ではないので思い切り水たまりに入ってしまったりすれば沁みてきてしまうので注意が必要です。使っていくと撥水効果も落ちてきてしまうので、定期的に防水スプレーも使用していくことをオススメします。

見た目はナイロン素材のまま、少しツヤがあるような感じです。普段ノースフェイスはもちろんアウトドア系のジャケットを着ているような方だと、素材感も全体のコーディネイトもしっくりくると思います。ウォータープルーフではロゴの違いで2タイプ。アクセントが欲しいなどお好みに合わせて選んでください。



暖かさ重視のウール

撥水加工を施した毛足の短い圧縮ウール素材のアッパーに、優れた保温力を発揮するプリマロフト®インサレーションを封入して、シューズ内の保温性が抜群のタイプになっています。一日の中でグッと冷える朝晩の時間帯で履いたり、長時間外にいなければならないケースで履くのにピッタリです。

手足といった末端、特に足が冷えているとなかなか体全体も温まってくれないので、保温性が高くしっかり温めてくれるシューズは重宝しますね。

見た目もまさにウールといった温かみを感じる素材感になっています。同じようなウール混のコートやパンツと合わせるのにピッタリです。



札幌市内だけでも12月なら大通公園でホワイトイルミネーションやミュンヘンクリスマス市、1月に初詣に行って2月には雪まつりと、冬でも外で長く過ごすイベントがたくさんあります。各地の冬まつりもたくさんありますし、足元の寒さを気にせずにいられると思う存分楽しめますから、今のうちにしっかり足元を固めちゃってください!

ついつい札幌の街中でも地下を歩きがちですが、個人的にはたまに外を歩いてみるのがオススメです。キンと締まった空気も気持ちいいですし、冬はライトアップされている場所も多いので、意外な場所でライティングされているのを発見したりと面白いですよ。

むしろ外を歩きたくなっちゃうヌプシブーティーで、冬を目いっぱい楽しんじゃってください!

RELATED TOPICS このスポーツの最新トピックス

HOT TOPICS 最新のオススメトピックス