【北海道随一のラインナップ!】Lizard Skinsなら札幌スポーツ館!

  • baseball
  • 2018.06.29

アメリカでも日本でも、グリップテープを巻いて打っているプロ選手がどんどん増えていてすでに新たなトレンドになっています。

これまでは黒一色だったりちょっと変わったものでもレザー色くらいだったりと、本当に「滑り止め」の機能しか求めていない!というものがほとんどだったのですが、個性を出せるグリップテープが出てきてプロの間でも流行ってきているんですねぇ。

その中でもMLB選手から、大学野球、草野球のプレイヤーに人気なのが「Lizard Skins ~リザードスキンズ~」です!

札幌でも探しているプレイヤーが多いようですが、ありますよ、札幌スポーツ館に!

常時20カラーほどは揃っています!

巻いてあれば、知っている人は「おっ」と必ず気づきますよね。

野球中継を見ていても、あれは何だ?と気になることも多いです。

デザイン・カラーが豊富、というのも人気の理由の一つですが、もちろんグリップテープとしての「グリップ力」も抜群です。

リザードスキンのグリップテープに使われているポリマー素材がしっかりグリップしてくれ、程良い柔らかさの感触がクセになっているプレイヤーが大増殖中です!

加えて、バッティンググラブ「KOMODO」もスポーツ館で取扱い中!

コチラも人気で、品薄状態が続きがちで申し訳ありません…。

手のひら側は型押しの革で、しっとりしていて感触もグリップも抜群です。

カラーリングもグリップテープにあるようなデザインで、グリップテープとバッ手のデザインを揃えて、というのもアリですね!


大学生や草野球だと制限なく試合でも使えますが、中高生のプレイヤーも練習用のバットやトレーニングバットに巻いて使ってもいいですよね!

プロ野球のピッチャーが練習の時はかなり派手なカラーリングのグラブを使っていることもありますし、似たような感じですね。

何かと暗いカラーリングになりがちな野球ですが、アクセサリ類を少し変えてみるだけで見た目も気分も随分変わりますから、ぜひぜひ試してみてください!


リザードスキンズの購入はコチラから


コチラもオススメ

【Donaiya -ドナイヤ-】人気の山田選手仕様モデルのサイズ比較!!

奥が深~い…木製バット、どう選ぶ?

RELATED TOPICS このスポーツの最新トピックス

HOT TOPICS 最新のオススメトピックス