【ミズノランニングクリニック2018】第6回 札幌マラソン直前対策

  • running
  • 2018.09.19

いよいよ札幌マラソン本番まであと3週間。

4月からスタートしたミズノランニングクリニック2018もあっという間に半年が過ぎて、練習会も今回が最後となりました。

朝晩は気温も下がってきたものの、昼間はまだまだ暑い日が続いている今年の9月。

最後の練習会も秋晴れの気持ち良い、ただ走る側としてはなかなかしんどいお天気でした。


疲労軽減、美容にも効く「オリゴノール」

いつも阿部さんのご紹介で様々な会社の方においで頂いて、ランニングにとても役立つ商品の紹介やお話をして頂いておりますが、今回は「アミノアップ化学」という会社さんの藤堂さんにおいで頂きました。

アミノアップ化学さんは、「オリゴノール」という「低分子(オリゴマー)化されたポリフェノール」を開発し製品化されている会社さんです。

オリゴマー化されたポリフェノール、オリゴマーとポリフェノールを合体させて「オリゴノール」というわけです。

ポリフェノールはチョコレートやコーヒー、ワインに多く含まれていて抗酸化作用があるということで既に様々な商品で謳われているので、耳にしたことがあるという方がほとんどだと思います。

「低分子化されたポリフェノール(=オリゴノール)」は普通の「ポリフェノール」とどう違うのかというと、「低分子化=吸収されやすい=効果が高くなる」ということです。

我々の身体の細胞内のミトコンドリアの中で、酸素と炭水化物を原料にエネルギーが作り出されます。

運動による負荷やストレスがかかってくると、本来エネルギーを作り出してくれる酸素が悪い酸素(=活性酸素)に変化してしまい、活性酸素は本来の働きとは全く逆のミトコンドリアや細胞そのものを破壊する動きをしてしまって、疲労がなかなか回復してくれなかったり新陳代謝が阻害されてしまいます。

その活性酸素を追い出す働きをしてくれるのがポリフェノールなのですが、分子が大きくて細胞内に入って行きづらいポリフェノールを小さくしたオリゴノールならより効率的に効果的に働いてくれる、というわけですね。

様々なスポーツのアスリートが「疲れにくさ」を実感して、このオリゴノールを活用しています。

血流改善、抗脂肪、抗疲労と健康面に作用してくれるだけでなく、しわの改善など美容にも効果が見込めるそうです!

マラソンが楽になるだけでなく、ダイエットの効率化、冷え性などの改善、さらに美容に、とコレは摂らなきゃ損ですね。

興味津々のメンバーも多かったです。

毎年恒例の逆打ち試走

他の回のメニューが変わっても絶対に変わらない、変えられない本番前のコース試走。

荷物の預かりなどが難しく中島体育センターからスタートせざるを得ない事情があるため、毎年の試走は本番コースのほぼ逆打ちで行っています。

本番の札幌マラソンのコースは、真駒内セキスイハイムスタジアム→中の島通→駅前通り→大通公園→豊平川河川敷→真駒内セキスイハイムスタジアム、という流れですが、ミズノランニングクリニックの試走は、中島公園→駅前通り→大通公園→豊平川河川敷→真駒内セキスイハイムスタジアム→中の島通→中島体育センター、という流れです。

クリニックとしては最後の集合写真撮影から、ストレッチをして…いざ出発!

スポーツ館スタッフmizuとミズノの奥野さん、数名の怪我や体調不良で走れないメンバーと筆者は2台の車に分乗し補給ポイント設置へ移動です。

ポイントも例年通りなのですが、一つ目は南二十二条大橋付近です。

メンバーの皆さんが大通公園まで北上してそこから南下、豊平川河川敷を走ってくる間に準備なのですが、かなり早めに完了してしまって少々待ち時間が長くなってしまいました。

何も日光を遮るものがない河川敷で、この日の陽射しの中黙っているのはなかなか…ということでポツンと3本立っている木の木陰に移動することに。走ってきたメンバーも日陰で給水したいに違いない!絶対そうだ!決してわれわれがしんどいからじゃないぞ!と言い聞かせて木陰で30分ほど待機です。

来ました、先発組!

6分30秒/kmのペース設定だった先発組は大体想定通りかな?

みなさんまだまだへばるわけにはいかないと元気な様子。

サクッと給水を済ませて再出発です。

続いて到着の後発組。

むむっ…7分30秒のペース設定のはず…。

20分遅れの到着はちょっと先発組からの遅れが大きいかな…?

後発組の出発を見送って、第2ポイントの真駒内セキスイハイムスタジアム前へ。

第2ポイントでは給水と、スタート地点であるセキスイハイムスタジアム周辺の注意事項や当日の集合時間の確認もします。

本当は先発組、後発組どちらもここで落ち合って全員で確認、ということだったのですが後発組があまりにも遅いということで先発組は先に出発。

先発組に送れること40分、後発組が到着。今年は今までで一番縦長になってしまっています。

後発組を率いていたのはスタッフITOでしたが、ここでも丁寧過ぎる説明が仇となる前に急かして後発組を出発させます。

中の島通沿いでもう一度ショートストップがあるのですが、すみませぬ、写真がなく飛ばさざるを得ませぬ…。

セキスイハイムスタジアムからは中の島通りを通るということで、信号もありみなさん比較的楽に走れるので、毎年あってもなくてもどちらでも、という給水スポットです。


後発組の最後の給水を終えて中島体育センターに戻ってみると、先発組は到着してすでに40分ほど経っていたそうで、かなりの待ちくたびれモード。

阿部さんと相談して先発組は先に解散として少し経った頃に後発組が1時間遅れで到着。

賞味4時間かかりましたが、なんとか走り切ってしっかり予習ができました!


全く心配なしで後は自己記録との勝負!というメンバーから、故障や走力に不安が残るメンバーまで、残り3週間で合わせて来てくれることを祈っております。

今年はなんと3年目にして初めて筆者もサポートとして札幌マラソンを走ることになっており、何とかスタートしたメンバーは全員走り切れるようにサポートしていきたいと思います!



コチラもオススメ

【ミズノランニングクリニック2018】第5回 温泉ランで持久力アップ

【ミズノランニングクリニック2018】第4回 観光ランで走力アップ

【ミズノランニングクリニック2018】第3回 ミズノ教室ミニ駅伝

RELATED TOPICS このスポーツの最新トピックス

HOT TOPICS 最新のオススメトピックス