自分のタイムを測定して効率よい練習を。北海道の夏のマラソン対策 時計編

  • running
  • 2019.07.04

北海道マラソン対策その1.時計編

解説:伊藤雅樹(札幌スポーツ館 本店 スタッフ)

プロフィール:
札幌スポーツ館随一のスプリンター!本店店頭では、ランナーのシューズ選びやランニングイベントにて基礎から次のステップへの指導等、自信の経験を元にわかりやすい指導を行っている。又、自身も道内、道外の名のあるレースへ挑戦し自己ベストを更新中。自己ベストは東京マラソン2014 2時間47分11秒。100㎞マラソンやトレイルランニングにも挑戦して市民ランナーのランニングライフをサポートさせていただいております。


みんさん、こんにちは!札幌スポーツ館本店スタッフ伊藤です。

北海道マラソンまで残り2ヶ月になりましたが練習は順調でしょうか?

マラソンの準備期間としては2ヶ月という時間は短いです。
その短い2ヶ月の間に確認する事はたくさんありますが先ずはみなさんランニングウォッチはお持ちですか?

GARMIN

先ほども初レースが今年の北海道マラソンというお客様がいらっしゃいました。
練習状況を聞くと1週間に50㎞ほど走っているそうです。
ただ時計を持っていない為、走るペースは全く意識していないとおっしゃってました。
練習距離は十分なので本番もそこそこは走れると思いますが、自分のペースを把握していないので前半飛ばして後半失速する可能性があります。
そうならない為にも時計を準備して今の自分のレベルを知り、実際自分がどのくらいのペースで走るべきなのかを把握しながら走りましょう!!
なぜならマラソンはペース管理するスポーツですから。
残り2ヶ月あれば操作方法も慣れるはずです。

そこでITOがオススメするランニングウォッチといえばコレ!!
【GARMIN (ガーミン)】

ガーミン

アメリカ合衆国カンサスで創業したGPSウェアラブルデバイスの会社です。 社名の由来は創設者であるGary氏とMin氏の名前を足したものです。
ランニングGPSはもちろんカーナビやサイクル用GPS、登山用GPS、ゴルフGPSなど様々なフィールドのGPSで圧倒的なシェアを誇っており、
なかでもランニング用のフォアアスリートシリーズが正確な距離やペースその他ランニングに役立つ様々なツール機能で多くのランナーに人気があります。
ですから私の周りのラン仲間も沢山ガーミンを愛用しています。

私も愛用しており個人的に良いと思ったことです。

  • カラー表示で画面も大きくとにかく見やすいです。
  • アメリカのGPS、日本のみちびき、ロシアのグロナスの3つの人工衛星からデータを受け取っており、モーションセンサー(※)も付いているのでいるので距離やスピードに誤差が生じにくい。
    ※モーションセンサーとは身体の動きや歩幅や距離を測定します。室内のランニングマシーンで走るときの距離も目安でわかります。
ガーミン
  • スタート時GPSを捕捉するまでの時間が圧倒的に短い
  • 自分の好きなウォッチフェイスに無料で変更できるのでたまにデザインを変えるとあたかも時計を変えたかのような気持ちになります。
  • スマートフォンとbluetoothで接続しておけばトレーニング中でもスマートフォンを出し入れする事無く着信通知やSNSのメッセージ内容などを画面で確認する事が出来ます。
  • 万歩計やカロリー計の活動量計機能もついているのであと100歩で10000万歩、今日は2000キロカロリー消費したなど健康に気を使うようになります。

もちろん下記のような当たり前の機能も付いています。
自動ラップ機能:距離を設定するだけで自動的にラップを取ってくれます。これによりレースなどでラップの押し忘れがなくなります。
自動ポーズ機能:停止すると測定も停止し走り出すと測定が開始される機能がついているので信号の多いコースを走るときに役立ちます。
インターバル機能:トレーニングの距離(時間)、休息の距離(時間)と繰り返し回数を設定するとアラームで知らせてくれるので手軽にインターバルのトレーニングが出来ます。

ガーミン

この他に心拍数を確認する機能が必要かどうかです。
そもそも心拍数とは一定の時間内(通常1分間)に、心臓が血液を送り出す回数です。
ランニングの運動を行なうと筋肉が酸素を必要とし酸素を含んだ血液をより多く送る為に心拍数が上がります。
また運動の強度により筋肉の酸素需要が高まり心拍数は上昇します。そのため心拍数は運動強度や身体への負担を知る目安になります。
他にも心拍数は運動中でなくても精神的なストレスや体調不良によっても上昇することがあります。ですから心拍数をチェックする事はコンディションの良し悪しの目安にもなります。
心拍機能が付くと最大酸素摂取量測定(※)ができるようになります→計測された最大酸素摂取量からハーフやフルマラソンの予想タイムを教えてくれます。
→これがそこそこあてになる数字なので、これをもとにレースの設定ペースを決める目安になります。また自分の走力をしりより効果的なトレーニングを可能にします。
※最大酸素摂取量とは体内に取り込むことの出来る1分間あたりの酸素の最大量です。

フォアアスリート230J

▲難しいことは出来なくてもいいから最低限の距離やスピードが分かれば良いというモデルは
【フォアアスリート230J】
※別売りのハートレートセンサーを購入すると心拍数の確認も可能

フォアアスリート245J

▲いやいやどうぜ買うなら心拍数も取れる高機能モデルが欲しいと言う方は
【フォアアスリート245J】
※新発売したばかりのモデルです。

フォアアスリート235J

心拍数が取れる高性能モデルが欲しいけど少しでも安いモデルが良い方は
【フォアアスリート235J】


モデル 230J 245J 235J
重さ 41g 38.5g 42g
本体カラー 2色 2色 3色
稼働時間 16時間 22時間 11時間
価格 19800円 37584円 32184円

いかがですか?
北海道マラソンはもちろん、他のレースにや練習に向けてランニングをするのであればシューズの次に重要なアイテムになると思うので是非この機会にご検討くださいね。
何かご不明点ございましたらお気軽にご連絡ください。

■北海道マラソン対策ブログ、次回はシューズ、インソール編の予定です!

RELATED TOPICS このスポーツの最新トピックス

HOT TOPICS 最新のオススメトピックス