ランナーの為に開発された話題のR×L WILD DRY apparel 試着レポート

  • running
  • 2020.08.17

ランナーの為に開発された話題のR×L WILD DRY apparel 試着レポート

みなさん、こんにちは。
ランニングコーナーの伊藤です。

本日はソックスメーカー【R×L】より新商品のご紹介をします。
ランナーから絶大な人気を誇るソックスメーカーR×Lが新しいコンセプトのランニングウェアを発売しました。
オンラインショップ以外では全国10店舗限定の取り扱いとなり、北海道では札幌スポーツ館本店のみで販売しています。
早速、新商品を着用して累計で50㎞ほど走ってみましたので、その感想をご紹介したいと思います。

ワイルド ドライ ハーフジップシャツ

着用した第一印象は「軽い!」です。さすが超軽量を謳っているだけあります。
生地は薄く、肌あたりはソフトで着心地が非常に良いです。
そして速乾の機能も抜群でした。汗をかいたはずなのに練習終盤では、お腹辺りが少し乾いていたので驚きました。さすが日本製の生地です。
ロングジップは全開にすると風が入ってきて体温調節がしやすかったです。
この機能は北海道マラソンのような過酷な夏のマラソン大会で威力を発揮しそうです。
襟首の形状がハイネックになっています。今回バックパックも背負って 走ってみたのですが、ショルダーベルトが首筋にあたり擦れることは一切なく、
バックパックを背負って走る機会が多いトレイルランナーにもお勧め出来るなと思いました。また女性の皆様には襟首の日焼け防止にも役立ちそうです。
そして腰についている3つの大きなポケットです。スマホや財布など重要な物は落ちる可能性があるため入れないほうが無難です。

また重たい物も前首が引っ張られる感じがするのでお勧めしません。軽量なグローブや嵩張るアウターならすっぽり入りストレスなく走れます。
いかがでしょうか?伊藤は超気に入りました。皆様にもおすすめしたい1着です。

6ポケット ボックスパンツ

股下に伸縮性の良いメッシュ生地を採用しているため、足を前後、または左右に大きく開いても突っ張る感じが全く無く履き心地が抜群でした。
汗をかいた時の素材の質感が非常に気に入りました。ちょっとわかりづらいか
もしれませんが、下着のパンツが汗で濡れているのにボックスパンツは濡れた感じがしません。
汗でパンツが引っ付くような気持ち悪い感じが無いです。生地の厚みは少し厚めで耐久性が良さそうでした。
名前の6ポケットの通り後ろの大きなポケットが3つ、前の両脇に2つ、インナーポケットが1つあります。
後ろの3つのポケットには落下防止のカバーが付いているためスマホも落とす事無く走れました。

そして重たい物を入れてもジップシャツと違い引っ張られる感じが無いので物を選ばずガンガン入れられるため、長距離走やレースで使えると思いました。
あえて言うならゼリーなど小さな物だけを入れたときに大きなポケットがあだとなり、揺れが少し気になりました。小さなものはインナーのミニポケットに入れましょう。
左前のポケットはチャック付きです。最近ポケットにチャックのついたランニングパンツってなかなか無くて、ちょうど探していたところでした。
小銭入れや財布など絶対に落としたく無いものはここにしまっておけば安心ですね。 ジップシャツ同様このパンツもかなり気に入りました。

伊藤おススメの商品に仲間入りです。 いかがでしたか?シャツもパンツも伊藤が自信を持ってお勧めします。ウェア選びで迷われている方は是非お店に見に来てください。ご来店お待ちしております。

R×L WILD DRY apparelは全国でも取り扱い可能店が10店舗、北海道は札幌スポーツ館本店だけの超限定商品となっております。
また札幌スポーツ館オンラインショップでも取り扱いしております。

店舗情報

札幌スポーツ館 本店

札幌スポーツ館オンラインショップ

RELATED TOPICS このスポーツの最新トピックス

HOT TOPICS 最新のオススメトピックス